コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日貞幸 かすが さだゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春日貞幸 かすが-さだゆき

?-? 鎌倉時代の武士。
承久(じょうきゅう)の乱(1221)がおこると,信濃(しなの)(長野県)からかけつけて北条泰時にしたがい山城宇治へおもむく。先陣争いをして宇治川をわたる際に,敵の矢が乗馬にあたり水中にしずんだが,従者にたすけられた。通称は三郎,刑部三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

春日貞幸の関連キーワード鎌倉時代承久

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android