コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春澄高子 はるずみの こうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春澄高子 はるずみの-こうし

?-? 平安時代前期-中期の女官。
春澄善縄(よしただ)の娘。陽成天皇の即位にともない皇太夫人となった藤原高子との同名をさけ,貞観(じょうがん)19年(877)洽子(こうし)(「あまねいこ」ともよむ)と改名。従三位,典侍。「古今和歌集」に和歌1首がおさめられている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

春澄高子

生年:生没年不詳
平安前期の内裏女房,参議従三位春澄善縄の娘。名は「たかこ」とも。清和天皇以下5代の天皇に仕えた。貞観10(868)年従五位下。15年掌侍在任,従五位上。元慶1(877)年藤原高子が皇太夫人となるにおよび,同名をはばかって名を洽子と改める。和歌にすぐれ,『古今集』に入集承平1(931)年まで在任。典侍,従三位。

(谷口美樹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

春澄高子の関連キーワード生年

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android