コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春澄善縄 はるずみの よしただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春澄善縄 はるずみの-よしただ

797-870 平安時代前期の公卿(くぎょう),学者。
延暦(えんりゃく)16年生まれ。恒貞(つねさだ)親王東宮学士をへて,承和(じょうわ)10年文章(もんじょう)博士。のち参議,式部大輔(たいふ)となり従三位にすすむ。藤原良房と「続(しょく)日本後紀」を完成した。貞観(じょうがん)12年2月19日死去。74歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。本姓猪名部(いなべ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

春澄善縄

没年:貞観12.2.19(870.3.24)
生年:延暦16(797)
平安前期の学者。猪名部造豊雄の子。伊勢国員弁郡(三重県員弁郡,桑名市の一部)の出身。字は名達。天長5(828)年,兄弟姉妹と共に春澄改姓。承和の変(842)では,東宮学士であった関係から,恒貞親王廃太子にともない周防権守に左遷された。のち許されて帰京,文章博士を経て貞観2(860)年参議となり,同12年,藤原良房と共に『続日本後紀』を完成,従三位に昇った。謙虚な人柄で,人をそしることも,また他人から悪くいわれることもなかったという。祖父の財麿が早くからその天才ぶりを見抜き,財産を投じて養育したといい,その文章は老いてますますみがきがかかったと伝える。しかし子供4人のだれも家業を継がず,善縄1代で終わった。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はるずみのよしただ【春澄善縄】

797‐870(延暦16‐貞観12)
平安前期の学者。本姓猪名部造。もと伊勢国員弁郡の人。卑氏族で祖父は同郡少領,父は周防大目で終わる。大学寮を経て官に就き,恒貞親王の東宮学士となり,承和の変に連座して周防権守に左遷されたが,翌年には文章博士に任ぜられ,のち式部大輔等を経て,参議従三位に至る。《続日本後紀》の編纂に参与し,仁明・文徳天皇講書,〈在朝の通儒〉と称される。恬淡とした人柄で学者間の対立抗争にもかかわりを持たなかった。《経国集》《本朝文粋》に詩文が残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の春澄善縄の言及

【続日本後紀】より

…仁明天皇1代,833年(天長10)から850年(嘉祥3)にいたる18年間の歴史を記す。文徳天皇の命により,藤原良房,春澄善縄らが編纂にあたり,清和天皇の869年(貞観11)に完成奏上。以前の国史の体裁を追いながらも,天皇1代の実録としての性格を強めており,記事詳密,体裁も整備されている。…

※「春澄善縄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

春澄善縄の関連キーワード弘仁・貞観文化春澄高子菅原是善没年公卿

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春澄善縄の関連情報