コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原高子 ふじわらのたかいこ

4件 の用語解説(藤原高子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原高子
ふじわらのたかいこ

[生]承和9(842)
[没]延喜10(910).3.24.
清和天皇の女御。陽成天皇の母。長良の娘で基経の妹。別称,二条の后。元慶1 (877) 年陽成天皇即位とともに皇太夫人,同6年皇太后となる。寛平8 (896) 年僧善祐と通じて后位を停止されたが,天慶6 (943) 年に皇太后に追復された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原高子 ふじわらの-たかいこ

ふじわらの-こうし(1)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原高子

没年:延喜10.3.24(910.5.6)
生年:承和9(842)
平安前期,清和天皇の女御。陽成天皇の母。父は藤原長良,母は藤原総継の娘乙春。「たかいこ」とも。在原業平の恋人として『伊勢物語』大和物語』に記され,有名。東五条第(左京五条四坊)に住んでいたといわれる。貞観1(859)年,清和天皇即位に伴う大嘗祭で,天皇との結婚を前提とした五節舞姫となる。当時父はすでに亡く,叔父良房が兄基経と高子の後ろ盾となっていた。良房のひとり娘明子 は前天皇文徳の女御となっており,高子はその後の切り札とみえるが,貴族の娘として高子自身も見る夢は同じだったといえるかもしれない。同8年,明子所生で9歳年下の清和の女御となり,同10年に貞明親王(陽成天皇),同12年貞保親王,のち敦子内親王を出産。貞明親王が満1歳で正式に皇太子となり,元慶1(877)年即位したのに伴い皇太夫人(のち皇太后)となる。翌年山城国愛宕郡(京都市左京区岡崎東天王町)に東光寺を建立。同8年に陽成が退位すると二条院(左京二条二坊)に移転し,二条の后と呼ばれた。のち東光寺僧善祐と密通したとして,寛平9(897)年皇太后の号を廃されるが,その背景には皇位を巡る事情があった。天慶6(943)年復号。歌に優れ後宮歌壇の中心となり,作歌は古今集にとられている。業平もそのサロンの常連のひとりであった。また高子の屋敷では屏風に大和絵や和歌がかかれ,作風の発展に寄与したとされている。<参考文献>角田文衛『王朝の映像』

(児島恭子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのたかいこ【藤原高子】

842‐910(承和9‐延喜10)
平安前期の女御。藤原長良の子で,叔父良房の政略により入内し,866年(貞観8)には清和天皇の女御となり,868年陽成天皇を生む。のちに皇太夫人,皇太后となるが,896年(寛平8)高子建立の東光寺僧善祐とのスキャンダルにより廃后された。死後943年(天慶6)本位に復した。その後宮には歌人などが多く出入りして,貴族文化発達の場となった。在原業平と〈二条后〉高子との恋は《伊勢物語》に説話化されている。【目崎 徳衛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原高子の関連キーワード元慶藤原明子兼子女王平寛子忠子女王(1)藤原古子源宜子源暄子源貞子(1)嘉子女王

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原高子の関連情報