昨日今日(読み)キノウキョウ

デジタル大辞泉の解説

きのう‐きょう〔きのふけふ〕【昨日今日】

昨日と今日。
つい最近。このごろ。「昨日今日に始まったことではない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きのうきょう【昨日今日】

この頃。昨今。きのうやきょう。 「 -に始まったことではない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きのう‐きょう きのふけふ【昨日今日】

〘名〙
① 昨日と今日。昨日または今日。前の日とその当日。
※万葉(8C後)一五・三七七七「伎能布家布(キノフケフ)君に逢はずてするすべのたどきを知らに哭(ね)のみしそ泣く」
② まだ日が浅いさまをたとえる。つい最近。近頃。昨今
※竹取(9C末‐10C初)「昨日けふ御門(みかど)のの給はんことにつかん、人ぎきやさし」
※化銀杏(1896)〈泉鏡花〉一五「昨日今日(キノフケフ)にはじまったことではないが」
③ 期日が身に迫り、猶予のないことをたとえる。時が切迫しているさまにいう。
※古今(905‐914)雑上・八六一「つひにゆく道とはかねてききしかどきのふけふとはおもはざりしを〈在原業平〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

昨日今日の関連情報