コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昨非今是 サクヒコンゼ

デジタル大辞泉の解説

さくひ‐こんぜ【昨非今是】

陶淵明帰去来辞」の「実の途に迷うこと其れ未だ遠からず、今の是にして昨の非なるを覚りぬ」から》昨日は非と思ったことが、今日は是と思われること。境遇が変わったために、考え方もすっかり変わってしまうことのたとえ。今是昨非。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さくひこんぜ【昨非今是】

〔陶潜の帰去来辞「実迷途其未遠、覚今是而昨非」による〕
昨日誤りだと思ったことを今日は正しいと思うこと。是非判断が相対的なものであることをいう。今是昨非。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

昨非今是の関連キーワード陶潜

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android