コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰去来辞 ききょらいのじGui-qu-lai ci

3件 の用語解説(帰去来辞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帰去来辞
ききょらいのじ
Gui-qu-lai ci

中国,東晋末~宋初の詩人陶淵明の散文作品。義煕1 (405) 年成立。官位を捨て故郷の田園に帰る心境を述べる。4段に分れ,それぞれ異なる脚韻をふむ。第1段は官吏生活をやめ田園に帰る心境を精神の解放として述べ,第2段はなつかしい故郷の家に帰り着き,わが子に迎えられた喜び,第3段は世俗への絶縁宣言をこめた田園生活の楽しさを,第4段は自然の摂理のままに終りの日まで生の道を歩もうという気持をうたいあげている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ききょらいのじ【帰去来辞】

陶淵明とうえんめいの文章。405年作。彭沢ほうたくの令となったにもかかわらず、わずか八十余日で辞職し帰郷するに至った心境を記す。六朝第一の名文と称される。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帰去来辞の関連情報