コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰去来辞 ききょらいのじGui-qu-lai ci

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帰去来辞
ききょらいのじ
Gui-qu-lai ci

中国,東晋末~宋初の詩人陶淵明の散文作品。義煕1 (405) 年成立官位を捨て故郷の田園に帰る心境を述べる。4段に分れ,それぞれ異なる脚韻をふむ。第1段は官吏生活をやめ田園に帰る心境を精神の解放として述べ,第2段はなつかしい故郷の家に帰り着き,わが子に迎えられた喜び,第3段は世俗への絶縁宣言をこめた田園生活の楽しさを,第4段は自然の摂理のままに終りの日まで生の道を歩もうという気持をうたいあげている。天下国家に対する志と世俗の塵に合わぬ性格との矛盾に苦しんだ作者が,苦悩の末に隠遁の道を選んだ心の屈折を,楚辞の体にならいながら,高い格調で表現している。陶淵明の代表作であると同時に,六朝散文文学の最高傑作の一つとして,後世に与えた影響は大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ききょらいのじ【帰去来辞】

陶淵明作の文。5世紀初頭の成立。官をして帰郷し、自然を友とする田園生活に生きようとする決意を述べたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ききょらいのじ【帰去来辞】

陶淵明とうえんめいの文章。405年作。彭沢ほうたくの令となったにもかかわらず、わずか八十余日で辞職し帰郷するに至った心境を記す。六朝第一の名文と称される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

帰去来辞の関連キーワード雲無心にして岫を出ず辞(中国古典文学)陶淵明・陶渕明帰りなんいざ水前寺成趣園膝を容れる松菊猶存す三径・三逕文章軌範昨非今是五柳帰荘帰去来

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android