是斎(読み)ぜさい

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜさい【是斎】

〘名〙 中世、堺の薬種問屋村田定斎(じょうさい)が製したという煎じ薬。夏季の諸病、暑気あたりなどに効くという。定斎。是斎薬。また、それを売る行商人。是斎売り。
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)中「どっこいどこぞて此損を梅の木のぜさいの辻で、身を粉にはたいてやって見た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android