コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定斎(読み)ジョウサイ

デジタル大辞泉の解説

じょうさい〔ヂヤウサイ〕【定斎】

桃山時代、大坂の薬種商村田定斎が明人の薬法を伝えてつくり始めたという煎(せん)じ薬。夏期の諸病に効能があったという。じょさい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうさい【定斎】

せんじ薬の一。桃山時代、大坂の薬種問屋村田定斎が明人の薬法を伝えて製したという。夏の諸病に効果があるという。じょさい。是斎ぜさい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android