昼行灯(読み)ひるあんどん

精選版 日本国語大辞典「昼行灯」の解説

ひる‐あんどん【昼行灯】

〘名〙 (「ひるあんどう」とも) 昼間にともす行灯。また、昼間ともしてある行灯が何のもなさないところから、ぼんやりしている人、に立たない人にたとえ、その人をあざけっていう
※浮世草子・人倫糸屑(1688)血気勇者「うちに思案もなにもない事、ひる行燈(アンドウ)のごとし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「昼行灯」の解説

ひる‐あんどん【昼行灯】

《日中に行灯をともしても、うすぼんやりとしているところから》ぼんやりした人、役に立たない人をあざけっていう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android