時期尚早(読み)じきしょうそう

四字熟語を知る辞典「時期尚早」の解説

時期尚早

ある事を行う時期としては、まだ早すぎること。

[活用] ―な・―だ。

[使用例] ワハッ! 飛んでもない。まだ六歳の令嬢には時期尚早である[徳川夢声*まんだん読本―何故祝ってくれないか|1932]

[使用例] この刑法の私法化という大目標の提唱は時期尚早なので[三島由紀夫*青の時代|1950]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「時期尚早」の解説

じき‐しょうそう ‥シャウサウ【時期尚早】

〘名〙 (形動) ある事を行なう時期としては、まだ早すぎること。また、そのさま。
※まんだん読本(1932)何故祝ってくれないか〈徳川夢声〉二「ワハッ! 飛んでもない。まだ六歳の令嬢には時期尚早(ジキショウソウ)である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「時期尚早」の解説

じき‐しょうそう〔‐シヤウサウ〕【時期尚早】

[名・形動]あることを行うにはまだ早すぎること。また、そのさま。「実行には時期尚早だ」「時期尚早登用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android