コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時衆過去帳 じしゅうかこちょう

1件 の用語解説(時衆過去帳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じしゅうかこちょう【時衆過去帳】

《往古過去帳(おうごのかこちよう)》ともいう。折本で,僧衆,尼衆の部の2冊から成る。時宗教団の代々の遊行上人によって書き継がれた死者の法名を記したもの。2代他阿真教の1279年(弘安2)の記事から始まり,30代他阿有三の1563年(永禄6)で終わる。時宗教団の活動や組織,地域的展開などを知るうえでの重要資料である。神奈川県藤沢市清浄光寺の所蔵。重要文化財。【今井 雅晴】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

時衆過去帳の関連キーワード過去帳往古過去世託ち託ち寄す託ち寄る鬼簿心地好い過去形

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone