コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時衆過去帳 じしゅうかこちょう

世界大百科事典 第2版の解説

じしゅうかこちょう【時衆過去帳】

《往古過去帳(おうごのかこちよう)》ともいう。折本で,僧衆,尼衆の部の2冊から成る。時宗教団の代々の遊行上人によって書き継がれた死者の法名を記したもの。2代他阿真教の1279年(弘安2)の記事から始まり,30代他阿有三の1563年(永禄6)で終わる。時宗教団の活動や組織,地域的展開などを知るうえでの重要資料である。神奈川県藤沢市の清浄光寺の所蔵。重要文化財。【今井 雅晴】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android