コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通出資 フツウシュッシ

デジタル大辞泉の解説

ふつう‐しゅっし【普通出資】

協同組織金融機関の会員(利用者)による出資。出資者は普通出資証券を受け取り、普通出資者総会での議決権を持つ。株式会社普通株に相当し、収益状況に応じて配当金が支払われるが、出資証券は売買することができず、価格は変動しない。→後配出資優先出資

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

普通出資の関連キーワード公私合同企業優先出資証券

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android