コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

協同組織金融機関(読み)キョウドウソシキキンユウキカン

デジタル大辞泉の解説

きょうどうそしき‐きんゆうきかん〔ケフドウソシキキンユウキクワン〕【協同組織金融機関】

会員の相互扶助を目的に、協同組合の方式を経営形態に採用している金融機関。会員は中小企業、個人事業者など各協同組織に関する法律で定められており、職域や地域、事業体、団体などで組織された組合員が協同で経営する。商工組合中央金庫農林中央金庫労働金庫信用協同組合農業協同組合など。
[補説]金融自由化の動きや大手地方銀行・都市銀行の貸し出し強化により、独自の経営保持が困難になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

協同組織金融機関の関連情報