後配株(読み)こうはいかぶ(英語表記)deferred stock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後配株
こうはいかぶ
deferred stock

株式会社が内容の異なる種類株式を発行する場合に,利益配当または残余財産分配について,普通株より劣後的地位にある株式(会社法108条1項1,2号)。劣後株ともいう。普通株および優先株に対するもの。多くの出資者を必要とする会社設立時に,一般出資者の普通株に対して,発起人の株式を後配株とする場合や,会社が設備拡充のため新株を発行して,その設備が稼働するまでの期間,旧株の配当を引き下げないために新株を後配株とする場合などに発行される。資本調達が必要なときに,普通株をもつ株主の利益がそこなわれないようにしながら,株式を発行しやすくする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

後配株【こうはいかぶ】

〈ごはいかぶ〉とも読む。利益配当,残余財産の分配等について普通株よりも劣位の条件におかれた種類株式をいう(会社法108条)。劣後株とも。会社設立時の発起人引受分,政府出資分,社債・借入金の株式振替分等に対して発行されることがある。発行後一定期間を経てから普通株に転換される場合が多い。→優先株
→関連項目普通株

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後配株
こうはいかぶ

利益配当などにつき、他の種類の株式よりも劣った取扱いを受ける株式。劣後株(れつごかぶ)ともいう。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうはい‐かぶ【後配株】

〘名〙 利益または利息の配当、残余財産の分配について、普通株より遅れて、または少なく受け取る株式。ごはいかぶ。劣後株。⇔優先株。〔国民百科新語辞典(1934)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の後配株の言及

【優先株・劣後株】より

…ある会社の株式が,ある権利内容について2種以上存する場合,標準となる株式を普通株と称し,この普通株を標準として株式の権益の一つあるいは二つ以上について,優先的な内容すなわち,いわゆる優先権の認められるものを優先株と称し,他方,劣後的な内容のものを劣後株と称する。そしてその優先権または劣後権の対象たる権益の内容は,一般には,利益または利息の配当・残余財産の分配などの一つあるいは双方についてであることが多いので,とくにこれらの権益について優先権の与えられるものを優先株と称し,逆に劣後的地位の与えられるものを劣後株または後配株と称することが多い。中でも,株式の種別が利益配当についての優先・劣後によってなされることが多く,かつ優先株とよばれるものの多くは利益配当について優先権をもっていることが一般的であるので,一般に,優先株とよばれるものの多くは利益配当上の優先株であり,劣後株または後配株とよばれるものの多くは,利益配当上の劣後株である。…

【優先株・劣後株】より

…ある会社の株式が,ある権利内容について2種以上存する場合,標準となる株式を普通株と称し,この普通株を標準として株式の権益の一つあるいは二つ以上について,優先的な内容すなわち,いわゆる優先権の認められるものを優先株と称し,他方,劣後的な内容のものを劣後株と称する。そしてその優先権または劣後権の対象たる権益の内容は,一般には,利益または利息の配当・残余財産の分配などの一つあるいは双方についてであることが多いので,とくにこれらの権益について優先権の与えられるものを優先株と称し,逆に劣後的地位の与えられるものを劣後株または後配株と称することが多い。中でも,株式の種別が利益配当についての優先・劣後によってなされることが多く,かつ優先株とよばれるものの多くは利益配当について優先権をもっていることが一般的であるので,一般に,優先株とよばれるものの多くは利益配当上の優先株であり,劣後株または後配株とよばれるものの多くは,利益配当上の劣後株である。…

※「後配株」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる