優先出資(読み)ユウセンシュッシ

デジタル大辞泉の解説

ゆうせん‐しゅっし〔イウセン‐〕【優先出資】

協同組織金融機関普通出資を補完するものとして不特定多数の投資家を対象に募る出資。出資優先出資証券を受け取り、優先的に配当を受けることができるが、普通出資者総会での議決権はない。株式会社優先株に相当する。→後配出資
特定目的会社が一般投資家等から募る出資。株式会社の株式に相当する。出資者は優先出資証券を受け取り、特定社員(発起人)よりも優先的に利益の配当や残余財産分配を受ける権利を有するが、社員総会での議決権は持たない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事業再生用語集の解説

優先出資

SPC法上、特定目的会社の特定出資以外の資本のこと。 優先出資社員は、特定社員と比較し配当の支払いや残余財産の分配において優先する。しかし資本としての投資であるため、特定社債・特定CPの償還には劣後する。優先出資にかかる持ち分を有する者を優先社員という。

出典 (株)セントラル総合研究所事業再生用語集について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android