コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通旋盤 ふつうせんばんengine lathe; centre lathe; parallel lathe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普通旋盤
ふつうせんばん
engine lathe; centre lathe; parallel lathe

旋盤のなかで最も基本的な構造をもち,単に旋盤といえばこれをさすほど広く用いられている。基本構造は,主軸台,工作物の一端を支持する心押し台,刃物の送り運動をさせる往復台,送り装置,ベッドおよび脚部から成る。通常は,工作物を主軸端のチャックや面板,あるいはこれらと心押し台との間で支持して回転させ,往復台上の工具刃物を当てて切削する。心押し台に刃物を取付けることも可能で,補助工具を組合せれば各種の加工ができる。なお,主軸台側のベッドの一部に切欠き部を設け,できるだけ大きなものを加工するようにしたものを切落し旋盤という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の普通旋盤の言及

【旋盤】より

…日本では1889年池貝庄太郎によって初めて国産の旋盤が作られた。
[旋盤の種類]
 (1)普通旋盤 一般に旋盤といえば普通旋盤のことを意味するくらいに,旋盤の中でももっとも広く用いられている機種である。その代表的構造を図2に示す。…

※「普通旋盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

普通旋盤の関連キーワードタレット旋盤ならい旋盤滝澤鉄工所へら絞り工作機械正面旋盤工具旋盤立旋盤

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

普通旋盤の関連情報