晶族(読み)ショウゾク

大辞林 第三版の解説

しょうぞく【晶族】

結晶を、結晶形態のもつ回転・鏡映などの対称の要素の組み合わせによって分類したもの。32種ある。結晶族。結晶類。数学では点群と呼ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐ぞく シャウ‥【晶族】

〘名〙 結晶を、対称の要素の組み合わせによって分類したもの。結晶族。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の晶族の言及

【結晶】より

…また,結晶面として現れるある格子面と対称的に同価な他の格子面もやはり結晶面として形態に現れることも経験的に知られている。
[点群,結晶族]
 微視的なn回らせんや映進の並進成分tは巨視的には見ることができないから,それらは巨視的にはそれぞれn回回転と鏡映とに等しくなり,また微視的な格子並進も巨視的には均質な連続体となるから,その結晶の任意の点Oを原点にとって,すべての対称要素がOを通るとみなしてよいことになる。互いに平行に繰り返して存在する結晶構造の微視的な対称要素と,それらと方向を同じくして原点Oを通る巨視的な対称要素との対応を矢印で示せば,n回回転およびらせん軸→n回回転軸,n回回反軸(n>2)→n回回反軸,鏡映面および映進面→鏡映面,対称心→対称心となる。…

※「晶族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android