コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智憬 ちけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智憬 ちけい

?-? 奈良時代の僧。
華厳(けごん)宗。良弁(ろうべん)の弟子。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)元年(749)から4年にかけて東大寺華厳経を講義。律にも精通していたという。浄土教についての著作をのこした興福寺の智憬と同一人物とする説もある。智璟,知憬ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

智憬の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android