智者の千慮に一失(読み)ちしゃのせんりょにいっしつ

精選版 日本国語大辞典「智者の千慮に一失」の解説

ちしゃ【智者】 の 千慮(せんりょ)に一失(いっしつ)

(「史記‐淮陰侯伝」の「智者千慮必有一失」による) 知恵のすぐれた人でも、多くの考えの中には、一つぐらいの思いあやまりや失策がある。
※源平盛衰記(14C前)一一「智者(チシャ)の千慮(せんリョ)一失(いっシツ)有りと云は、加様の事にや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android