千慮(読み)せんりょ

精選版 日本国語大辞典「千慮」の解説

せん‐りょ【千慮】

〙 あれこれと考えをめぐらすこと。十分に配慮すること。さまざまの思慮多くの考え。
※十訓抄(1252)三「愚なるものも千慮に一徳あり」
※新聞雑誌‐四三号・明治五年(1872)五月「千慮万思して遂に之を発明せりと」 〔漢書‐韓信伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「千慮」の解説

【千慮】せんりよ

いろいろ考える。〔晏子、雑下十八〕(えい)之れを聞けり、人千慮するも、必ず一失り。愚人千慮すれば、必ず一得りと。

字通「千」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android