暗中飛躍(読み)アンチュウヒヤク

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 暗々裏に計画を立てて活動すること。世間に知られないように、ひそかに策動すること。暗躍。また、向こう見ずの行動。〔新らしい言葉の字引(1918)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

暗々裏に計画を立てて活動すること。世間に知られないように、ひそかに策動すること。暗躍。また、向こう見ずの行動。

[活用] ―する。

[使用例] 一番厭な気分がして、とても説明していられませんのは、同伴席に、世にも厚かましい不真面目な方がおいでになって、暗中飛躍をなさることです[大辻司郎*漫談集―お目出度い件|1929]

[解説] 主に政治的な活動にいいます。大正時代から昭和初期によく用いられました。「暗躍」は「暗中飛躍」を略した語。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android