コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大辻司郎 おおつじ しろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大辻司郎 おおつじ-しろう

1896-1952 大正-昭和時代の漫談家。
明治29年8月5日生まれ。大正5年活動写真の弁士となり,独特の奇声と珍妙な文句で人気をえる。関東大震災後は「漫談」の名で新ジャンルをひらき,寄席などで活躍。昭和27年4月9日日航機もく星号の大島三原山墜落事故で死亡した。55歳。東京出身。本名は四郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおつじしろう【大辻司郎】

1899~1952) 東京日本橋生まれ。本名、四郎。活動写真の弁士から転じて漫談や司会で活躍。飛行機の墜落事故で死亡。「漫談」の語を使い始めたと言われる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大辻司郎
おおつじしろう
(1896―1952)

漫談家。本名四郎。東京生まれ。父親の稼業を継ぎ相場師となったが、1916年(大正5)活動の弁士(映画説明者)に転向、珍妙な文句と奇声で人気を得た。映画がトーキーとなって職を追われると漫談に転向、33年(昭和8)「笑(わらい)の王国」の結成に参加、喜劇俳優として映画にも出演した。52年(昭和27)航空事故(もく星号)で死亡。なお、次男の寿雄(としお)は伺郎の芸名で俳優としてデビューしたが1973年に自殺した。[向井爽也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大辻司郎の言及

【軽演劇】より

…その一党が中心となって33年に浅草常盤座で〈笑いの王国〉が旗揚げした。役者として生駒雷遊(いこまらいゆう)(1895‐1964),山野一郎,古川緑波(ロッパ),大辻司郎(1896‐1952),渡辺篤(1896‐1977),関時男,清川虹子ら,作家陣に菊田一夫,大町竜夫,貴島研二,山下三郎らが加わった。一夜づけの脚本による,いわゆる〈アチャラカ芝居〉なる言葉はここから生まれた。…

【大衆演芸】より

… 大正末期に無声映画の説明者(活動弁士,略して活弁)が,トーキーの発達によって職がなくなり,活路を見いだすために始めたものに漫談があった。1924年に活動弁士が主宰していた〈なやまし会〉で,大辻司郎が演じたのが最初といわれる。ユーモラスな口調で時事問題を扱う一種の話芸で,昭和初期には大いに流行し,寄席やラジオで人気があったが,現在は若い漫談家があらわれず,歌謡漫談が一時起こったものの,これも盛んではない。…

※「大辻司郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辻司郎の関連キーワードもく星号事故灰田 有紀彦牧野 周一徳川 夢声井口 静波山野 一郎大辻 伺郎昭和時代笑の王国徳川夢声古川緑波軽演劇活弁

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android