コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暴露ウイルス バクロウイルス

3件 の用語解説(暴露ウイルスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばくろ‐ウイルス【暴露ウイルス】

exposure virusコンピューターウイルスの一。感染すると、ファイル共有ソフトなどを通じて、コンピューター内のデータを持ち主が気づかないうちに外部に流出させてしまう。情報漏洩(ろうえい)ウイルス
[補説]平成17年(2005)頃から、企業・官庁の内部情報個人情報が感染したパソコンから流出する事件が相次いで起こり、社会問題になった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

暴露ウイルス

 個人情報を外部に漏洩させる機能をもつウイルスのうち、その情報がウイルスの送信者などの特定の人物でなく、無関係第三者に「暴露」されてしまうものを指します。ファイル共有ソフトを悪用するものが多いです。なお、この呼び名は、感染にマクロを利用する「マクロウイルス」のもじりで、技術的な名称ではありません。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

暴露ウイルス

ウィニー」などのファイル交換ソフトで流通する映像や音楽などのファイルを装い感染する。ファイルを視聴しようとすると、パソコン内の文書を勝手に集めてネット上に公開する。2003年に出現。流出分野は広く、06~07年を中心に連日、被害が報道された。開発者は不明。

(2012-01-25 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暴露ウイルスの関連キーワード自動露出EI感度コンステルス型ウイルス突然変異型コンピューターウイルスバックドア型コンピューターウイルスcowpox virusfilterable virusvaccinia virusvaricella-zoster virus

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

暴露ウイルスの関連情報