コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曙立王 あけたつのおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曙立王 あけたつのおう

「古事記」にみえる開化天皇の孫。
大俣王の王子。弟の菟上(うなかみの)王とともに,垂仁(すいにん)天皇の皇子本牟智和気命(ほむちわけのみこと)(誉津別命)の従者となり,皇子が口をきけるように,出雲(いずもの)大神へ参拝にいく。天皇の命で,到着地ごとに品遅部(ほむちべ)をさだめた。倭者師木登美豊朝倉(やまとしきとみとよあさくらの)曙立王ともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

曙立王の関連キーワード菟上王

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android