コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誉津別命 ほむつわけのみこと

3件 の用語解説(誉津別命の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

誉津別命 ほむつわけのみこと

記・紀にみえる垂仁(すいにん)天皇の皇子。
母の狭穂(さほ)姫は兄の反乱にくわわって死に,皇子はもえる城のなかで誕生。池にうかべた小舟で養育され,大きくなっても口がきけなかったが,白鳥をみてはじめて口をうごかす。「古事記」では結婚した肥長比売(ひながひめ)が蛇と知って逃げるなど,始祖伝承のおもかげをのこす。「古事記」では品牟都和気命,本牟智和気王。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

誉津別命

『古事記』『日本書紀』によれば,垂仁天皇の皇子。母は狭穂姫。『古事記』には本牟智和気王と記され,狭穂姫が,謀反を企てた兄,狭穂彦の砦にいるとき,燃える炎の中で誕生したため,ホ(火)ムチ(貴)ワケと名づけられた。成人しても,ものをいうことができなかったが,ある日,空を飛ぶ白鳥の声を聞いて片言を発した。そこでその白鳥を越の国(北陸地方)で捕らえさせて皇子に見せたが効果はなかった。心配する天皇の夢に出雲の大神(大国主神)が現れ,自分の宮を皇居のように造営すれば,皇子はものをいうようになると教えた。そこで皇子が出雲に赴き,大神を拝んだところ口がきけるようになった。その地で肥長ヒメと結婚するが,ヒメの正体が蛇であることを知って都に逃げ帰る。ヒメは悲しんで途中まで追ってきたという。皇子が言葉の自在を得たことを天皇は喜び,出雲の大神の神宮を造営し,また鳥取部(白鳥を捕らえ,貢納する部),鳥甘部(白鳥を飼育する部)などを定めた。この物語は『古事記』垂仁天皇条の3分の1を占め,神異的出生,生育,異類婚譚を含む。子もなく即位もしなかった誉津別命がなぜこのような伝承を持ったかについては,この皇子を継体天皇系譜の始祖とする伝があるためとする説がある。『日本書紀』の所伝では火中出産,出雲大神祭祀の関連伝承がなく,口のきけない皇子が白鳥を弄ぶことによって,ものをいうようになったこと,鳥取部,鳥養部などの設置を記す。出雲の国造の神賀詞には「白鵠の生御調の玩物と,倭文の大御心もたしに」と,生きた白鳥を愛玩物として朝廷に献上していたことが記され,当伝承との関連が指摘されている。<参考文献>吉井巌『天皇の系譜と神話 二』

(寺田恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほむつわけのみこと【誉津別命】

記紀にみえる垂仁天皇の皇子。母の狭穂(さほ)姫は兄の反乱に加わって死に,皇子はその燃える城の中で生まれた(狭穂彦・狭穂姫)。天皇は皇子を二俣小舟(ふたまたおぶね)に乗せ池に浮かべて生育したが,皇子は長じても啞であった。ところが飛ぶ白鳥を見て初めて口を動かし,白鳥を手にして言葉の自在を得た。《古事記》では白鳥を手にしても物を言わず出雲大神を拝してようやく言葉の自在を得たという。ここで皇子は肥長(ひなが)姫と婚するが,姫が実は蛇体であることを知って逃走する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

誉津別命の関連キーワード仲哀天皇狭山池神武東征伝説磐衝別命苅幡戸辺埴安媛日葉酢媛命広媛(1)両道入姫命倭彦命

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone