コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲直瀬道策 まなせ どうさく

2件 の用語解説(曲直瀬道策の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曲直瀬道策 まなせ-どうさく

1838-1867 幕末の医師。
天保(てんぽう)9年生まれ。曲直瀬正元(しょうげん)の娘婿となり,亨徳(こうとく)院の号をつぐ。実父の山城(京都府)向日(むこう)神社神職六人部是香(むとべ-よしか)に平田派の国学をまなび,諸藩の尊攘(そんじょう)派とまじわった。慶応3年5月25日大坂難波(なにわ)新地で新選組に斬殺(ざんさつ)された。30歳。名は是盛。号は翠竹院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

曲直瀬道策

没年:慶応3.5.25(1867.6.27)
生年:天保9(1838)
幕末の医者,尊攘運動家。号は亨徳院。山城国(京都府)乙訓郡向日神社の社家六人部是香の次男。禁裏医官曲直瀬正元の娘を娶りその養子となる。是香に平田派皇学を学び,勤王の志をいだく。養家の先々代が加賀(金沢)藩侍医を勤めた関係もあって,同藩勤王派の有志に同藩の世子前田慶寧の上洛をうながす。一方,小松帯刀らと船舶運輸業によって利益をあげて志士救済をもくろんだが,募金運動に奔走中,大坂難波新地で幕府の刺客によって殺された。葬地は京都寺町の十念寺。<参考文献>田尻佐編『贈位諸賢伝』

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曲直瀬道策の関連キーワード太田次郎勝野森之介塩川広平信太仁十郎仙田雪高原美直智隆根岸友山室貞蔵横田清兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone