コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲管地中温度計 きょくかんちちゅうおんどけいbent stem earth thermometer

2件 の用語解説(曲管地中温度計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曲管地中温度計
きょくかんちちゅうおんどけい
bent stem earth thermometer

棒状温度計を球部の手前で 60°または 80°くらい曲げた地温測定用の温度計。屈曲点から球部までの長さを調節することによって,10cm,20cm,30cmなどの深さの地中温度が測定できる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょくかん‐ちちゅうおんどけい〔キヨククワンチチユウヲンドケイ〕【曲管地中温度計】

地面から30センチメートル程度までの深さの温度を測定するときに用いる地中温度計。棒状の水銀温度計を折り曲げ、球側の部分を地中に差し込んだもの。地上に露出した部分には白い覆いをかぶせ、直射日光を防ぐ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone