コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水銀温度計 すいぎんおんどけいmercury thermometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水銀温度計
すいぎんおんどけい
mercury thermometer

水銀の熱膨張を利用した液体温度計の1種。水銀は純粋にしやすく,ガラス管を濡らさず,他の液体に比べて熱が伝導しやすいので応答が速く,膨張係数の温度変化が小さく,しかも液体である温度範囲 (沸点 357℃,融点-37℃) が広いので,使用液として最適である。普通は測温範囲が 300~-30℃であるが,石英ガラス製で,窒素または炭酸ガスが封入してあり,750℃まで測定できる高温用の温度計もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すいぎん‐おんどけい〔‐ヲンドケイ〕【水銀温度計】

細管と球からなるガラス管に水銀を入れ、水銀の熱膨張を利用して温度を測る温度計。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

水銀温度計【すいぎんおんどけい】

ガラス細管内に封じ込めた水銀柱の熱膨張による長さの変化を読みとる温度計。水銀は純粋にするのが容易で,ガラスをぬらさず,広い温度範囲(−38.8〜356.6℃)で液状を保つことなどの長所から,最も広く用いられる。
→関連項目温度計

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

すいぎんおんどけい【水銀温度計】

下部をふくらませたガラスの細管に水銀を入れ、その膨張・収縮を利用する液体温度計。摂氏マイナス38~360度の範囲で測定ができる。最も一般的な温度計の一つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水銀温度計
すいぎんおんどけい

水銀がガラスに比べて熱膨張率が大きいことを利用した温度計で、正確には水銀封入ガラス製温度計とよばれる。簡便で正確な実用温度計として18世紀以来今日まで幅広く用いられている。一端が球部となったガラス製細管の途中まで水銀を満たし、残りの空間を真空にして他端を封じた本体と、水銀柱の先端の位置によって温度値を知るための目盛り板とから構成される。安定で均質なガラスでつくり正確な標準温度によって目盛りづけされた精密級のものでは、常温付近の測定において0.02℃程度の正確さが得られる。目的、用途に応じていろいろな型式のものがつくられているが、なかでも最高温度計(測定期間中の最高温度を示す温度計)の一種である水銀体温計がもっとも数多く用いられている。[三井清人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の水銀温度計の言及

【液体温度計】より

…容器をガラスで作ったものは,古く17世紀に試作されたのち,さまざまに改良,変形されてきたが,今日もガラス製温度計,またはガラス温度計の名のもとに広く利用されている。また,感温液としてアルコール類(実は,多くの場合石油),または水銀を用いたものが広く普及しているので,それぞれアルコール温度計,水銀温度計と呼ばれる。
[構造]
 ガラス製温度計の構造は,単一の肉厚の管で作られたもの(棒状)と毛細管と目盛板とを支持用の管の中に納めたもの(二重管)とに大別される(図1)ほか,簡便な板付温度計,工業計測用の保護枠入温度計などの個別的な呼名で分類されることもある。…

※「水銀温度計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水銀温度計の関連キーワードアルコール温度計ファーレンハイトベックマン温度計鉄管地中温度計曲管地中温度計アスマンデュロン露点温度ギヨーム寒暖計乾湿計収縮下部気温寒極体温

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android