曲面印刷(読み)きょくめんいんさつ(英語表記)curved surface printing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曲面印刷
きょくめんいんさつ
curved surface printing

特殊印刷の一種で,ガラス瓶,皿,チューブ,鉛筆などの曲面に直接印刷する方法。版式としては凸版,シルクスクリーンが多い。印刷する物がガラスや金属などのため,インキの付着性を考慮してゴム凸版になる場合があり,そのために紙印刷の場合のように精密多色の原画複製を行うことは普通にはできない。またインキがしみこまない印刷体が多いので,印刷後焼付けを必要とすることが多く,印刷方式は,円筒面の場合には輪転円圧式でよいが,不規則表面の場合には版と被印刷体の間を真空にし,密着して印刷する方法をとることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android