コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特殊印刷 トクシュインサツ

百科事典マイペディアの解説

特殊印刷【とくしゅいんさつ】

紙を対象とする一般印刷とは別に,金属,布地,合成樹脂フィルムを対象とする印刷をいう。ブリキ,ガラス,セロハン塩化ビニルポリエチレンなどに印刷が行われ,プリント合板や化粧鉄板など木や鉄の家具・建材の表面に印刷することも盛ん。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

とくしゅいんさつ【特殊印刷】

活版印刷・オフセット印刷・グラビア印刷以外の印刷法。
紙以外の物質に印刷する方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特殊印刷
とくしゅいんさつ

凸版印刷、オフセット平版印刷、グラビア印刷以外の印刷法をいう。紙以外の物質に印刷する場合をいうこともある。前者の意味では、スクリーン印刷、カーボン印刷(納品書など複写が必要な所に、おもに凸版形式で、黒、青、赤などの顔料にワックスを混ぜたインキで印刷する方法)、転写印刷立体印刷などをいう。後者の意味では、とくにグラビア印刷において、紙以外の物質、たとえば布地、各種のプラスチックフィルムやシート、金属箔(はく)、化粧板などに印刷する場合をいう。[山本隆太郎・中村 幹]
『池田一郎著『特殊印刷への招待 仕事が拡がるガイドブック』(1992・日本印刷新聞社) ▽池田一郎著『新・特殊印刷への招待 デジタル時代に生かせる拡印刷』(1997・日本印刷新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の特殊印刷の言及

【印刷】より

…また,実際の印刷では,色の再現性をよくするため,上記の3色のほか,墨(黒)インキ用の版を作り,4色を刷り重ねており,さらに調子(トーン)を補うときには1色か2色補うこともある。写真植字機
[簡易印刷と特殊印刷]
 素人でも手軽にできる簡単な印刷法を普通の印刷法と区別して簡易印刷または軽印刷というが,はっきりした区別はない。かつて多用された謄写版(孔版)印刷のほか,こんにゃく版,ゼラチン版などがこれに該当し,そして謄写版印刷から発達して,タイプ孔版,タイプオフセット,写真植字オフセットなどの製版印刷法を利用,需要者の注文を迅速にこなす印刷業者を軽印刷業と呼ぶようになった。…

※「特殊印刷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

特殊印刷の関連キーワード菱洋インテリジェンス大日本印刷[株]大日本印刷(株)凸版印刷[株]コロタイプ印刷井上 源之丞日本写真印刷国際チャート東名化学工業印刷インキ大日本印刷三光産業曲面印刷特種製紙ナビタス共同印刷印刷業硫酸紙タナカ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特殊印刷の関連情報