コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書立 かきたて

世界大百科事典 第2版の解説

かきたて【書立】

古文書の様式上,ひとつひとつ個条書きに書いて列挙すること。またその文書。目録書や家数人数書立がそうであるが,その際あらかじめ雛形として下付される文書を書立案文(かきたてあんもん)と言った。1592年(文禄1)豊臣秀吉が朝鮮侵略に備えて全国に家数人数書立の差出しを命じた人掃(ひとばらい)令の中に,〈奉公人ハ奉公人,町人ハ町人,百姓ハ百姓,一所ニ可書出事,但書立案文別紙遣之〉とあることはよく知られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

書立の関連キーワードシドニー ファインリーブ市川 中車(8代目)立花 寿美造水野 寅次郎無縁法界大谷光勝知行目録李参平古文書鎖国令

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書立の関連情報