コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大審院 だいしんいん

6件 の用語解説(大審院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大審院
だいしんいん

1875年4月 14日に太政官布告 59号によって太政官右院を廃し設置された旧司法制度における最高の裁判所。「たいしんいん」ともいう。裁判所構成法 (明治 23年法律6号) でも最高の裁判所として認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいしん‐いん〔‐ヰン〕【大審院】

《「たいしんいん」とも》明治憲法下で、最高の位置にあった司法裁判所。明治8年(1875)設置。昭和22年(1947)廃止。現在の最高裁判所と異なり、司法行政権などはもたなかった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大審院【だいしんいん】

現行憲法施行前に認められていた裁判所で,今日の最高裁判所にあたるもの。1875年創設され,1890年旧憲法施行により整備確立。民事部と刑事部があり,各部では,裁判は原則として5人の合議体でなされたが,従来の判例を変更するときには,連合部判決が下された。
→関連項目大阪会議控訴院司法省大逆事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいしんいん【大審院】

日本国憲法によって最高裁判所が設けられる以前の,最上級裁判所。大日本帝国憲法は,司法権の範囲を民事と刑事に限定していたので,大審院は民事および刑事事件終審裁判所であり,行政権に属する行政事件の管轄権を持たなかった(行政裁判)。また同憲法は司法権の枠内での特別裁判所の設置を認めていた。さらに大審院は,違憲立法審査権や裁判所の内部規律に関する規則制定権を持たず,また司法行政権(司法行政)は司法大臣に属していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいしんいん【大審院】

〔「だいしんいん」とも〕
旧憲法下の最高の司法裁判所。1875年(明治8)設置、1947年(昭和22)廃止。現在の最高裁判所に相当するが、司法行政監督権は持たなかった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大審院
だいしんいん

1875年(明治8)に、民事・刑事の上告を受け上等裁判所以下の審判の不法なるものを破毀(はき)して全国法憲の統一を主持するところとして創設され、新憲法が施行されるまで存続した最高の司法裁判所をいう。主として、終審として、控訴院の裁判および地方裁判所が第二審としてなした裁判に対する上訴(上告・抗告)の審判、および第一審にして終審として、皇室に対する罪に関する刑法第73条(1947年削除)および第75条(同前)、内乱に関する第77条ないし第79条の罪の予審および裁判を行った。若干の民事部・刑事部が設けられ、各部では5人の判事からなる合議体が審判を行い、事件の性質によっては、民事の総部もしくは刑事の総部または民事および刑事の総部を聯合(れんごう)して審判を行った。大審院は現在の最高裁判所に相当するが、最高裁判所が司法行政監督権、規則制定権、違憲立法審査権をもつのに対し、大審院はこれらの権限をもたなかった。1921年(大正10)までの大審院判決録、1922年以後の大審院判例集がある。[内田一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大審院の言及

【最高裁判所】より

…東京都に置かれる(裁判所法6条)。 最高裁判所は,1947年5月3日に日本国憲法および裁判所法が施行されるとともに,それまでの大審院に代わるものとして発足した。大審院は,1875年に設置され,86年制定の裁判所官制のもとで一般の裁判に対する上告を審理する裁判所となったが,89年に発布された大日本帝国憲法および翌年施行された裁判所構成法のもと,司法権の独立を基礎とし司法作用の最高権限者としての性格をもつに至った。…

【裁判所】より

…当初はフランスのしくみを採り入れ,やがて明治憲法制定のころになるとドイツのあり方にも強い影響を受けた制度がつくられた。明治憲法下では,通常裁判所として大審院,控訴院,地方裁判所,区裁判所が置かれていたほか,前記のように各種の特別裁判所が置かれていた。現行憲法になると最高裁判所がアメリカに範をとって設立されたほか,特別裁判所が廃止されるなどの改革がなされた。…

※「大審院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大審院の関連キーワード下級裁判所司法権特別裁判所特別上告合議制裁判所最高裁判所裁判官司法機関司法裁判所違憲立法審査制度裁判所規則

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大審院の関連情報