コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相阿弥 そうあみ

美術人名辞典の解説

相阿弥

室町後期の画家能阿弥の孫、芸阿弥の子。法名真相、号は鑑岳。足利義政唐物奉行同朋衆。祖父の能阿弥と共に唐絵鑑定、座敷飾りなどに携わりながら画を学ぶ。牧谿の山水画を基礎に独自の画風を作り、また、近代初頭の狩野派への橋渡しの役割も果たした。大永5年(1525)歿、享年70才前後。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

相阿弥【そうあみ】

室町時代の画家。真相とも称す。号は鑑岳。美術鑑定や茶の湯に通じ,祖父の能阿弥,父の芸阿弥に続いて同朋(どうぼう)衆となる。《君台観左右帳記》(東北大学本),《東山殿御飾記》を著し,秘伝書として美術愛好者に尊重された。
→関連項目阿弥派幸阿弥家古流

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相阿弥 そうあみ

?-1525 室町-戦国時代の画家。
芸阿弥(げいあみ)の子。能阿弥の孫。足利将軍家の同朋衆(どうぼうしゅう),唐物奉行。阿弥派絵画を大成したほか,書画の鑑定,書院飾り,造園,香,連歌,茶など諸芸に才能を発揮した。大永(たいえい)5年死去。京都出身。俗姓は中尾。法名は真相。別号に松雪斎,鑑岳。著作に「君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)」,作品に「廬山観瀑図(ろざんかんばくず)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

相阿弥

没年:大永5(1525)
生年:生年不詳
室町後期の足利将軍家の同朋。絵画制作,書画の鑑定,座敷飾の指導,連歌など幅広い技芸に携わった。また,多くの庭園の作者に擬せられているが確証はない。鑑岳と号し,真相と称した。祖父能阿弥,父芸阿弥のあとを継ぎ,「国工相阿」と称されてその画名が高かった。後世この3代を三阿弥と呼び,絵画史の上では阿弥派という。また座敷飾の秘伝書『君台観左右帳記』『御飾記』の筆者として著名であり,後世茶道の世界で神格化されたが,その書誌学的研究については残された課題が多い。『蔭凉軒日録』『実隆公記』などに多くの絵画制作の記録があるが,現存する確実な作品は乏しい。永正10(1513)年創建の大徳寺塔頭大仙院の襖絵を狩野元信一門と共に描いているが,もっとも格式の高い室中を相阿弥が,他の部屋を狩野派が描いていることから,両者の格式の上下関係が推測される。元信は相阿弥の作風から多大な影響を受けている。「鑑岳真相」の落款のある「四季山水図屏風」(米・メトロポリタン美術館蔵)は大仙院画と近似するため,近い時期の確実な作品。その他にも相阿弥筆という伝承の山水図,花鳥図が数多く存在するが,その鑑識については問題を残す。祖父能阿弥以来継承されてきた,牧谿様式に基づく滋潤な水墨技法は高く評価されている。弟子の単庵智伝ほか相阿弥の画風を追随するものは多いが,直接の後継者は確認されない。同朋が将軍家に密着した存在であったがゆえに,足利氏の権威の失墜と歩調をあわせて阿弥派の画業も衰退したと推測される。<参考文献>『日本美術絵画全集』6巻,『水墨美術大系』6巻

(山下裕二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうあみ【相阿弥】

?‐1525(大永5)
室町後期の絵師。芸阿弥の子。姓名は中尾真相。松雪斎,鑑岳と号す。父についで室町幕府の同朋衆となり,8代将軍足利義政に仕え東山文化の形成に重要な役割を果たした。書院飾の方式を完成し《御飾記》を著し,幕府唐物奉行として中国渡来の唐絵の管理・鑑定に従事し《君台観左右帳記(くんだいかんそうちようき)》を記す。【鳥居 和之】 絵は周文流観瀑図を家芸とするが,大徳寺大仙院室中の間の《山水図襖絵》が代表作とされているところから,南宗画風の柔軟な画風もこなしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうあみ【相阿弥】

?~1525) 室町時代の画家。芸阿弥の子。法名は真相。足利将軍家に同朋衆として仕え、唐物の鑑定や連歌・茶・聞香・花道などに通じた。特に絵を得意とし、柔軟な筆致と滋潤な墨気を特色とする。著「君台観左右帳記」「御飾記」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相阿弥
そうあみ

[生]?
[没]大永5(1525).10.27.
室町時代の画家。芸阿弥の子。父を継いで足利義政から義晴まで歴代の将軍に同朋として仕え,書画の管理にあたった。画家として高名で国工と称され,また『君台観左右帳記 (くんだいかんそうちょうき) 』を著わした。大仙院の『瀟湘八景図』 (1513) は相阿弥筆と伝えられて有名。牧谿 (もっけい) の作品などを手本にしたと考えられるが,それを雄大な景観にまとめ上げた手腕は高く評価される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相阿弥
そうあみ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の相阿弥の言及

【室町時代美術】より

…このように建物や室の用途によって漢画とやまと絵を描き分ける方式は,後期の狩野派が障壁画で試みた和漢の総合の前提となるものである。それらの建物に唐絵,唐物を飾る座敷飾の方式は,同朋衆として座敷飾を受け持った相阿弥の《君台観左右帳記》にくわしい。同朋衆のなかで作庭を行い,義政の信任厚かったのが河原者の善阿弥である。…

※「相阿弥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

相阿弥の関連キーワード芸阿弥・藝阿弥横地 康国築山庭造伝横地康国戦国時代室町時代瀟湘八景銀閣寺桂玄斎竜安寺幸阿弥聞香特色花道筆致真芸清忠曹洞遮莫林居

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相阿弥の関連情報