雲門(読み)ウンモン

大辞林 第三版の解説

うんもん【雲門】

864(2)~949) 唐末の禅僧。雲門宗の開祖。名は文偃ぶんえん。諡号しごうは大慈雲匡真弘明きようしんぐみよう禅師。慧能えのう門下の義存の法を継いで、広東省の雲門山で禅を広めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲門の関連情報