コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲門 ウンモン

デジタル大辞泉の解説

うんもん【雲門】

[864~949]中国、唐・五代の僧。名は文偃(ぶんえん・もんえん)。雪峰義存の法を嗣(つ)ぎ、広東省の雲門山に住み、雲門宗を開いた。著「雲門広録」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うんもん【雲門】

864(2)~949) 唐末の禅僧。雲門宗の開祖。名は文偃ぶんえん。諡号しごうは大慈雲匡真弘明きようしんぐみよう禅師。慧能えのう門下の義存の法を継いで、広東省の雲門山で禅を広めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雲門の関連キーワード黄檗山(中国江西省)五宗(仏教)雲門山石窟雲門文偃林 懐民雪竇重顕青原行思牧中正授駝山石窟佐伯右文五家七宗川井立牧関山慧玄祖庭事苑春屋妙葩曾野有原禅機図輔教編無門関けらし

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android