雲門(読み)ウンモン

大辞林 第三版の解説

うんもん【雲門】

864(2)~949) 唐末の禅僧。雲門宗の開祖。名は文偃ぶんえん。諡号しごうは大慈雲匡真弘明きようしんぐみよう禅師。慧能えのう門下の義存の法を継いで、広東省の雲門山で禅を広めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲門の関連情報