コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾我古祐 そが ひさすけ

2件 の用語解説(曾我古祐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾我古祐 そが-ひさすけ

1586-1658 江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)14年生まれ。曾我尚祐(なおすけ)の子。幕臣。大坂夏の陣で軍令違反の抜け駆けをして一時閉門となる。のち目付,長崎仮奉行をへて,寛永11年大坂町奉行となり,25年間在職した。明暦4年4月21日死去。73歳。通称は忠三郎,喜太郎,又左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

曾我古祐

没年:万治1.4.21(1658.5.23)
生年:天正14(1586)
江戸前期の幕臣。忠三郎,喜太郎,又左衛門などと称す。始め書院番士となったが,元和1(1615)年大坂夏の陣で抜け駆けを行い,一時閉門となり,のち許された。その後,使番を経て,寛永9(1632)年目付となり,同年肥後の加藤氏の改易のため派遣された。また,翌10年には仮奉行として長崎に赴く。11年大坂町奉行となって,死去直前までこの職にあり名奉行とされた。また,父親は幕府右筆の職にあった曾我尚祐であり,父から伝えられた室町将軍家以来の書札礼を,将軍徳川家光の命により,幕府右筆の久保正元に伝えた。家光政権期の典型的な実務型吏僚といえる。

(小宮木代良)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曾我古祐の関連キーワード市村宇左衛門(7代)葛城安左衛門金岡又左衛門北小路又左衛門猿若山左衛門(初代)曾我近祐津打又左衛門津田又左衛門牝小路又左衛門山田太郎左衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone