コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後陽成天皇 ごようぜいてんのう

8件 の用語解説(後陽成天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後陽成天皇
ごようぜいてんのう

[生]元亀2(1571).12.15. 京都
[没]元和3(1617).8.26. 京都
第 107代の天皇 (在位 1586~1611) 。名は和仁,のち周仁 (かたひと) 。正親町 (おおぎまち) 天皇の孫にあたる。陽光院贈天皇誠仁 (さねひと) 親王の第1皇子。母は新上東門院藤原晴子 (勧修寺晴右の娘) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごようぜい‐てんのう〔ゴヤウゼイテンワウ〕【後陽成天皇】

[1571~1617]第107代天皇。在位、1586~1611。正親町(おおぎまち)天皇の皇子誠仁(のぶひと)親王の第1王子。初名、和仁(かずひと)、のち周仁(かたひと)。儒学・和学を好み、古文孝経・日本書紀神代巻などのいわゆる慶長勅版本を刊行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

後陽成天皇【ごようぜいてんのう】

正親町(おおぎまち)天皇の皇子誠仁(さねひと)親王の子。1586年即位。1611年後水尾(ごみずのお)天皇に譲位。在位中は豊臣秀吉の皇室奉戴政策で朝廷の尊厳が回復,聚楽第(じゅらくだい)への行幸もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後陽成天皇 ごようぜいてんのう

1571-1617 織豊-江戸時代前期,第107代天皇。在位1586-1611。
元亀(げんき)2年12月15日生まれ。誠仁(さねひと)親王(陽光院)の第1王子。母は藤原晴子(新上東門院)。祖父正親町(おおぎまち)天皇の譲位により即位。豊臣秀吉の天下統一,徳川家康の幕府開幕の時期で,秀吉との関係はよかったが,家康には朝儀にまで干渉をうけた。学問をこのみ,木製活字をつくって古典を印行させた(慶長勅版)。元和(げんな)3年8月26日死去。47歳。墓所は深草北陵(ふかくさのきたのみささぎ)(京都市伏見区)。諱(いみな)は和仁(かずひと),周仁(かたひと)。日記に「後陽成院宸記(しんき)」。
【格言など】日にそへてただしき道の嬉しさはつつむ袖なく国ゆたかなり(「後陽成院一夜百首」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

後陽成天皇

没年:元和3.8.26(1617.9.25)
生年:元亀2.12.15(1571.12.31)
安土桃山・江戸前期の天皇。誠仁親王の第1王子,母は新上東門院晴子(勧修寺晴右の娘)。初め和仁,慶長3(1598)年12月周仁と改名。天正14(1586)年9月17日立親王。同7月父親王が皇位を継承する前に亡くなっていたため,11月7日正親町天皇の譲位を受けて践祚,同25日即位。慶長16年3月27日政仁親王へ譲位。 その在位期間は豊臣秀吉による天下統一,徳川家康による江戸幕府創設といった時期であり,また戦国期を辛くも生き延びた天皇を始めとする朝廷社会の復権の時期であった。しかし,天正14年12月19日太政大臣に任じられた秀吉は,前関白近衛前久の娘前子を猶子とし,新天皇の女御として入内させ,外戚の地位についた。同16年4月14日の聚楽第行幸は,その行列の華やかさとは裏腹に,秀吉の書いたシナリオ通りに,豊臣政権の実質的な成立を天下に知らせる一面すら持っていた。一方,慶長14年6月の宮女密通事件に対する幕府の措置への不満から,天皇は譲位をほのめかしたものの,家康により延期させられた。翌15年譲位を巡る確執は,近衛信尹の日記『三藐院記』に「たゝなきになき申候」とあるように,結果的に家康に屈伏せしめられた。このように,この間朝廷の経済的な復興とあいまって,天皇の即位と譲位や,あるいは古代以来天皇の役割であった改元や官位叙任権までが,幕府主導で再編成されていくこととなった。 学問を深く愛した天皇は,『古今和歌集』の秘訣を伝える細川幽斎が関ケ原の戦で丹後田辺城に籠城したため,助けようと勅使を派遣したことで知られている。また,木製活字を作らせ印行させた『日本書紀神代巻』『古文孝経』などは,慶長勅版として高く評価されるものである。詠歌に『後陽成院御製詠五十首』,日記に『慶長六年正月叙位記』などがある。

(藤田恒春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごようぜいてんのう【後陽成天皇】

1571‐1617(元亀2‐元和3)
第107代に数えられる天皇。在位1586‐1611年。諱(いみな)は和仁,のち周仁(かたひと)。正親町(おおぎまち)天皇の皇子誠仁(さねひと)親王の第1子。母は新上東門院勧修寺晴子。正親町天皇のあとをうけて即位し,第3皇子政仁親王(後水尾天皇)に譲位。在位中は,豊臣秀吉の皇室奉戴の政策により朝廷の尊厳が一応回復をみる一方,近世封建制のなかに組み込まれていく過程でもあった。秀吉の奏請により1588年(天正16)4月聚楽第に行幸。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごようぜいてんのう【後陽成天皇】

1571~1617) 第一〇七代天皇(在位1586~1611)。初名和仁かずひと、のち周仁かたひと。正親町おおぎまち天皇の皇子誠仁のぶひと親王の第一王子。和漢の学を好み、「古文孝経」「職原抄」「日本書紀神代巻」など慶長勅版を刊行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後陽成天皇
ごようぜいてんのう
(1571―1617)

第107代天皇(在位1586~1611)。名は和仁(たかひと)、のち周仁(かたひと)。正親町(おおぎまち)天皇の皇子誠仁(さねひと)親王の第1王子。母は新上東門院藤原晴子。1586年(天正14)正親町天皇の養子となり即位。88年、関白(かんぱく)豊臣(とよとみ)秀吉から支度料を贈られ聚楽第(じゅらくだい)に行幸、諸大名から忠誠の誓いを受けた。しかしそれは形式的で、実際は天皇と並んだ関白に諸大名が忠誠を要求されたものであった。92年天皇は宸翰(しんかん)を送り、秀吉の朝鮮渡海を思いとどまらせた。舟橋秀賢(ひでかた)から漢学を、細川幽斎(ゆうさい)から和学を学ぶなど、和漢の学問的教養に造詣(ぞうけい)が深く、慶長(けいちょう)勅版を刊行させた。江戸幕府成立後、政仁(ことひと)親王(のちに後水尾(ごみずのお)天皇)を擁立しようとする徳川家康と対立し、退位。陵墓は京都の深草北陵。[北島万次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の後陽成天皇の言及

【猪熊事件】より

…1607年(慶長12)2月,左少弁猪熊教利が官女との密通により勅勘を受けて出奔し,ついで09年7月には参議烏丸光広以下大炊御門頼国,花山院忠長,飛鳥井雅賢,難波宗勝,徳大寺宗久,松木宗信らの若公家衆が前年来典侍広橋氏など5人と遊興にふけり,密通していたことが発覚した。後陽成天皇は激怒し,彼らを極刑に処すべく,その意向を幕府に伝えた。徳川家康は叡慮次第の旨を奏したが,宮廷内部に寛典論も出て,その処分は家康に一任された。…

【三藐院記】より

…1592年(文禄1)より1606年(慶長11)までの日次記(ひなみき)と1585年(天正13)の〈羽柴秀吉関白宣下記〉以下の別記11点がある。欠年が多く記事も概して簡潔ではあるが,天正~慶長期の政治および文芸上の好史料で,1610年後陽成天皇が江戸幕府の種々の拘束によるふんまんから譲位に及ぶ状況を記した部分などはとくに重要である。自筆原本19冊,8巻,4紙が陽明文庫に所蔵されている。…

【書】より

禅宗美術
[安土桃山時代]
 安土桃山時代の文化が豪華絢爛の語を冠せられるように,書の世界においても室町時代の沈滞した空気を排した生新の気風が吹き込まれた。宸翰として後陽成天皇は祖父正親町天皇の薫育によって雄大な書風をもち,とくに大字を得意としたので,社寺の勅額に筆を染めたものが少なくない。その堂々たる風格は桃山時代にふさわしい。…

※「後陽成天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

後陽成天皇の関連キーワード有栖川宮韶仁親王美仁親王桂宮家仁親王閑院宮典仁親王照光院興意法親王大覚寺宮空性法親王八条宮智仁親王酒井貞月弘尊興意法親王

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後陽成天皇の関連情報