曾禰達蔵(読み)そね たつぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾禰達蔵 そね-たつぞう

1853*-1937 明治-昭和時代前期の建築家。
嘉永(かえい)5年11月24日生まれ。母校工部大学校(現東大)の助教授をへて,明治23年三菱にはいる。恩師コンドルをたすけて丸の内のビル街建設にあたる。日本造家学会(現日本建築学会)の設立にかかわり,のち会長。昭和12年12月6日死去。86歳。江戸出身。作品に「三菱三号館」「慶応義塾図書館」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android