コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最小仕事 さいしょうしごとminimum work

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最小仕事
さいしょうしごと
minimum work

与えられた条件のもとで,熱力学系を1つの平衡状態から他の平衡状態に移すために,外から与えなければならない仕事の最小量。たとえば,断熱系の等温等圧変化では最小仕事はギブズ自由エネルギーGの変化に等しく,等温変化ではヘルムホルツ自由エネルギーFの変化に等しい。いずれの場合も,最小仕事は可逆反応のときに実現される。また,平衡の条件は等温・等圧変化では Gが極小,等温・等積変化では Fが極小になることである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

最小仕事の関連キーワードカスティリアーノの第二定理最大仕事

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最小仕事の関連情報