コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最小抵抗線 さいしょうていこうせん burden line of least resistance

1件 の用語解説(最小抵抗線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最小抵抗線
さいしょうていこうせん
burden line of least resistance

一般には装填した爆薬の中心から自由面までの最短距離をいう。厳密にはクレーターテストにおける球状装薬の中心から自由面までの最短距離をいう。この方向は装薬の中心から自由面に直角な直線の方向に一致し,その直線は爆薬が爆発した場合抵抗の最も少い方向を示すものであるから最小抵抗線という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最小抵抗線の関連キーワード起爆薬振幅噴気孔安全爆薬液体空気爆薬ANFOエマルション爆薬スラリー爆薬減熱消炎剤伝爆薬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone