コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最小抵抗線 さいしょうていこうせんburden line of least resistance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最小抵抗線
さいしょうていこうせん
burden line of least resistance

一般には装填した爆薬の中心から自由面までの最短距離をいう。厳密にはクレーターテストにおける球状装薬の中心から自由面までの最短距離をいう。この方向は装薬の中心から自由面に直角な直線の方向に一致し,その直線は爆薬が爆発した場合抵抗の最も少い方向を示すものであるから最小抵抗線という。最小抵抗線は,実際の発破において装薬量算定の基礎になるなど,これを考慮しない発破法は存在しないということができるほど重要なものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android