コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

装薬 そうやくpropellant

翻訳|propellant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

装薬
そうやく
propellant

銃砲に装填し,弾丸(→銃弾砲弾)を発射するのに用いられる火薬(→火薬類)。発射薬とも呼ばれる。ロケットの発射に使用される火薬類は,推進剤,推進薬,推薬として区別される。13世紀中頃から 19世紀後期までは,炭素硫黄硝酸カリウムを混合した黒色火薬が使用されていたが,黒色火薬は燃焼時に 44%しかガス化されず,残りはを発生した。1846年スイスの化学者クリスチアン・フリードリヒ・シェーンバインによりニトロセルロースの製法が発見され,無煙火薬の時代が開かれた。無煙火薬はフランスのポール・ビエイユによって実用化され,1885年頃フランス陸軍に採用された。1888年スウェーデンのアルフレッド・ベルンハルド・ノーベルが,ニトロセルロースとニトログリセリンからなるダブルベース火薬である混成無煙火薬をつくり,1889年にはイギリスの化学者フレデリック・オーガスタス・アーベルとジェームズ・デューアが,ニトロセルロース 65%,ニトログリセリン 30%,ワセリン 5%の紐状無煙火薬を発明した。無煙火薬は燃焼時にほぼ 100%ガス化するもので,1900年頃急速に黒色火薬に取って代わった。1930年イギリスが紐状無煙火薬を改良し,ニトログリセリンを 55%近く含むコルダイトNを開発,各国もこれにならい,アメリカ合衆国では M31が製造された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐やく〔サウ‐〕【装薬】

[名](スル)弾丸を発射するため、薬室に火薬を装填(そうてん)すること。また、その火薬。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そうやく【装薬】

( 名 ) スル
弾丸を発射するために火薬を装塡そうてんすること。また、その火薬。 「 -せざる所の施条銃を置き/月世界旅行

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

装薬の関連キーワードシクロトリメチレントリニトラミンウィンチェスター銃車輪式引き金銃超高速加速技術ペンスリットグリボーバルハンティングペントリット硝安油剤爆薬ヘキソーゲンバーンカット田結荘千里月世界旅行最小抵抗線テトリル検定爆薬電気雷管電気発破軍用火薬工業雷管