コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月の鼠 ツキノネズミ

デジタル大辞泉の解説

つき‐の‐ねずみ【月の×鼠】

に追われた人が木の根を伝わって井戸に隠れたところ、井戸の周囲には4匹の毒蛇がいてかみつこうとし、また、木の根を黒と白2匹のがかじろうとしていたという「賓頭盧(びんずる)説法経」にある説話で、象を無常、鼠を昼と夜、毒蛇を地・水・火・風の四大にたとえるところから》月日の過ぎゆくこと。月日の鼠

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つきのねずみ【月の鼠】

〔「賓頭盧びんずる説法経」にある法話。人が象に追われ、木の根を伝って井戸に隠れたところが四匹の毒蛇が嚙みつこうとし、また、黒白二匹の鼠が木の根をかじろうとする。象を無常に、鼠を日月に、毒蛇を四大(地・水・火・風)にたとえる〕
日月が刻々と過ぎ去っていくこと。月日の鼠。 「 -の根をかぶる/太平記 27

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

月の鼠の関連キーワード太平記齧る

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android