コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月の鼠 ツキノネズミ

2件 の用語解説(月の鼠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つき‐の‐ねずみ【月の×鼠】

《象に追われた人が木の根を伝わって井戸に隠れたところ、井戸の周囲には4匹の毒蛇がいてかみつこうとし、また、木の根を黒と白2匹の鼠がかじろうとしていたという「賓頭盧(びんずる)説法経」にある説話で、象を無常、鼠を昼と夜、毒蛇を地・水・火・風の四大にたとえるところから》月日の過ぎゆくこと。月日の鼠

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つきのねずみ【月の鼠】

〔「賓頭盧びんずる説法経」にある法話。人が象に追われ、木の根を伝って井戸に隠れたところが四匹の毒蛇が嚙みつこうとし、また、黒白二匹の鼠が木の根をかじろうとする。象を無常に、鼠を日月に、毒蛇を四大(地・水・火・風)にたとえる〕
日月が刻々と過ぎ去っていくこと。月日の鼠。 「 -の根をかぶる/太平記 27

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone