月夜に釜を抜かれる(読み)つきよにかまをぬかれる

ことわざを知る辞典「月夜に釜を抜かれる」の解説

月夜に釜を抜かれる

明るい月夜に大切なを盗まれてしまう。そんなことはあり得ないと思い、はなはだしく油断してしくじることのたとえ。また、油断して被害をこうむりながら、どんな状況なのか、よくのみこめず、の抜けた顔をするたとえ。

[解説] かつて釜は、今日とは比較にならないほど高価で、大切なものでした。「抜く」は、盗む。現代ではいささか理解しにくいものとなっていますが、以前は、東西のいろはかるたにも採用され、広く親しまれていました。

〔異形〕月夜に釜

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「月夜に釜を抜かれる」の解説

つきよ【月夜】 に 釜(かま)を抜(ぬ)かれる

明るい月夜に釜を盗まれる。はなはだしい油断のたとえ。月夜に釜。
浮世草子・好色床談義(1689)三「男はらたつれども、かねわたしてのち壱物もかへされず、月夜にかまぬかれたる如く也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「月夜に釜を抜かれる」の解説

月夜つきよかまかれる

明るい月夜に釜を盗まれる。ひどく油断することのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android