コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月居城 つきおれじょう

1件 の用語解説(月居城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

つきおれじょう【月居城】

茨城県久慈郡大子町にあった中世の山城(やまじろ)。佐竹氏支族の北酒出一族である袋田氏が応永年間(1394~1427年)に築いた城が起源ともいわれているが、その築城年代は明らかではない。その後、袋田氏の断絶に伴い廃城となった。この城のあった一帯(依上保)は、のちに佐竹家の分家の山入氏の支配下に入るが、山入一揆の乱の混乱に乗じた白河結城氏に横領され、約40年間白河領となった。佐竹家当主の佐竹義舜は山入一揆の乱終結後、これを奪還して月居城を再興し、佐竹領の北の防衛の拠点として家臣を配した。1567年(永禄10)には佐竹義重から、城周辺の領地を与えられた野内隼人の城となったが、1602年(慶長7)、佐竹氏が秋田へ国替えになった際に廃城になった。城主の野内氏も出羽大館に移封となったが、野内氏の子孫は1828年(文政11)、藩主の佐竹氏に願い出て月居氏を称した。現在、城跡には曲輪(くるわ)の遺構が残っている。JR水郡線袋田駅より徒歩約40分(登城・登山口まで)。◇袋田城とも呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月居城の関連キーワード奥久慈袋田の滝袋田温泉奥久慈だいごフォレスパ大子大子[町]小室順太郎袋田[温泉]旭桜家久長

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone