コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月岡雪斎 つきおか せっさい

美術人名辞典の解説

月岡雪斎

江戸後期の画家。大坂生。雪鼎長子。名は秀栄、字は大素、別号に没江斎。画を父や吉村周山に学び、人物・花鳥画を得意とする。法橋法眼に叙せられる。天保10年(1839)歿、享年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月岡雪斎 つきおか-せっさい

?-1839 江戸時代後期の画家。
月岡雪鼎(せってい)の長男。近江(おうみ)(滋賀県)の人。父および吉村周山にまなぶ。人物花鳥画を得意とした。法眼。天保(てんぽう)10年2月1日死去。名は秀栄。字(あざな)は太素。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

月岡雪斎の関連キーワード月岡雪鼎月岡芳年

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android