コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月崇拝 つきすうはいmoon worship

1件 の用語解説(月崇拝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月崇拝
つきすうはい
moon worship

月に対する信仰は古くから世界に広く分布した。特にその満ち欠けの現象は早くから注目されており,時を数える尺度とされた。また死と復活,女性の生理,生殖などと結びつけられて,月をあがめる習俗や神話を生んだ。さらには,月にみられる斑点をうさぎの餅つきや水汲み女の姿にみなし,ここにも多くの神話,伝説が結びついている。日本の「記紀」ではツキヨミノミコト (月読尊) と神格化されており,この神を祭神とする神社が伊勢市など数ヵ所にある。月食の現象にも関心が払われ,多くは天変の前兆として恐れられた。月を信仰対象とする行事には,月見月待ちがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone