コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月待ち つきまち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月待ち
つきまち

仲間が集って念仏などを称え,飲食をともにしながら月の出を待つ信仰行事。十五夜十七夜,十九夜,二十二夜,二十三夜,二十六夜などがあり,熱心な地方では毎月,または1,5,9,11月などに行う。戸主の集りである場合は村寄合と近接し,年寄りが講仲間をつくっているときは念仏行事の色彩を強め,主婦や嫁の場合は話合いの場や安産祈願の場となることが多い。青年たちが集るときは酒盛りや大食の行事になることもあり,菓子でも出ると子供も集ってくる。一般的傾向としては,次第に信仰的な色彩が薄れ,娯楽としての要素が強くなった。最も盛んなのは二十三夜の月待ちで,この夜の月の位置や傾きかげんで占いをしたり,立待ちといって峠などに月の出を迎えに行き,そこで拝んで帰るものもある。村の四つ辻などに「二十三夜塔」「三夜待」「三夜供養」などの文字を刻んだ石塔が多く建っているのをみても,この行事の盛んであったことが知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つき‐まち【月待ち】

陰暦で月の17日・19日・23日などの夜、月の出るのを待って供物を供え、酒宴を催して月を祭ること。特に、正月・5月・9月の二十三夜が盛大であった。月祭り。→日待ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つきまち【月待ち】

特定の月齢の日に講の仲間が集まり、供物をそなえて月の出を待ちながら、飲食をともにし、月を拝む行事。十三夜・十五夜・十七夜・十九夜・二十三夜などに行う。 → 日待ち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

月待ちの関連キーワード愛知ドビー株式会社旭酒造株式会社二十六夜待ち緩和ケア病棟月の桂の庭たずたずし田中早苗三国伝記立待月月崇拝がてり調神社桂忠晴代待ち陰暦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月待ちの関連情報