月忌(読み)がっき

精選版 日本国語大辞典「月忌」の解説

がっ‐き グヮッ‥【月忌】

〘名〙
① 死んだ人の命日にあたる毎月忌日。また、その日に行なう仏事。げっき。
兵範記‐久安五年(1149)一一月八日「姫宮御月忌也。未明事始、一日経如例」
② 一か月のうちで、忌むべき日。毎月五日、一四日、二三日をいうといわれる。げっき。

げっ‐き【月忌】

〘名〙
故人の死んだ命日に当たる毎月のその日。忌日(きにち)。がっき。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)二「こなたの率都婆のやうな者ぞ。歳時はしわすぞ。或義に年忌月忌ぞ」
② 一か月のうちで、忌むべき日。がっき。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android