兵範記(読み)へいはんき

百科事典マイペディア「兵範記」の解説

兵範記【へいはんき】

平安時代末期の兵部卿(ひょうぶきょう)平信範(のぶのり)の日記。〈ひょうはんき〉とも読み,筆者の名から《平信記(へいしんき)》《平兵部記》などともいう。記載は1132年から1171年に及び,自筆本が一部伝存するが,欠落も多い。信範は平清盛の室(しつ)時子の叔父で,保元(ほうげん)の乱などをはじめとする平安末期の政治情勢などを知ることができる。《兵範記》の料紙の裏面に書かれた紙背(しはい)文書(裏文書)が多数見られることでも知られる。→平時子
→関連項目方上荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「兵範記」の解説

兵範記
へいはんき

平安時代後期の廷臣平信範 (1122~87) の日記。『人車記』『平信記』『平洞記』『平兵部記』ともいう。長承1 (1132) 年から承安1 (71) 年までのうち 19年分が知られる。大部分は自筆本で,京都大学に 25巻,京都陽明文庫に 30巻がある。信範は政府機密に参与していたので,保元高倉天皇即位関係の記事は精密をきわめ,平安時代末期の貴重な史料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「兵範記」の解説

ひょうはんき ヒャウハンキ【兵範記】

(兵部卿信範の日記の) 院政期の日記。巻数不明(自筆本二五巻分現存)。平信範著。長承元~承安元年(一一三二‐七一)のうち一七年分が現存。院政期の政治状況を伝える詳細な史料。人車記、平信記、平洞記、平隣記など異称が多い。へいはんき。

へいはんき【兵範記】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「兵範記」の解説

兵範記
へいはんき

平安末期,兵部卿平信範 (のぶのり) の日記
「ひょうはんき」とも読み,『人車記』ともいう。1132〜71年の記事があり,保元の乱・高倉天皇即位など,当時の政治・社会情勢を知るうえで重要な史料。

兵範記
ひょうはんき

へいはんき

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「兵範記」の解説

へいはんき【兵範記】

平安末期の公卿,兵部卿平信範(1112‐87)の日記。〈ひょうはんき〉とも読み,記主の名から《人車記》《平信記》などともいう。記載は1132‐71年(長承1‐承安1)に及び,一部自筆本が伝来するが,欠脱も多い。信範は〈日記の家〉といわれた桓武平氏本宗の流れをくみ,平清盛の室時子の叔父にあたる。記事は詳細で,朝廷儀式などのほか,保元の乱(1156)をはじめ,当時の複雑な京都の政治情勢や事件を知るうえで貴重な史料となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android