コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵範記 へいはんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兵範記
へいはんき

平安時代後期の廷臣平信範 (1122~87) の日記。『人車記』『平信記』『平洞記』『平兵部記』ともいう。長承1 (1132) 年から承安1 (71) 年までのうち 19年分が知られる。大部分は自筆本で,京都大学に 25巻,京都陽明文庫に 30巻がある。信範は政府の機密に参与していたので,保元の乱高倉天皇即位関係の記事は精密をきわめ,平安時代末期の貴重な史料である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

兵範記【へいはんき】

平安時代末期の兵部卿(ひょうぶきょう)平信範(のぶのり)の日記。〈ひょうはんき〉とも読み,筆者の名から《平信記(へいしんき)》《平兵部記》などともいう。記載は1132年から1171年に及び,自筆本が一部伝存するが,欠落も多い。
→関連項目方上荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいはんき【兵範記】

平安末期の公卿,兵部卿平信範(1112‐87)の日記。〈ひょうはんき〉とも読み,記主の名から《人車記》《平信記》などともいう。記載は1132‐71年(長承1‐承安1)に及び,一部自筆本が伝来するが,欠脱も多い。信範は〈日記の家〉といわれた桓武平氏本宗の流れをくみ,平清盛の室時子の叔父にあたる。記事は詳細で,朝廷の儀式などのほか,保元の乱(1156)をはじめ,当時の複雑な京都の政治情勢や事件を知るうえで貴重な史料となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうはんき【兵範記】

へいはんき【兵範記】

院政期の日記。兵部卿平信範著。1132~71年のうち17年分、二五巻が現存。平安末期の社会情勢を伝え、保元の乱や高倉天皇即位の記事は詳細で正確。人車記。平信記。ひょうはんき。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

兵範記の関連キーワード兵範記(ひょうはんき)兵範記(へいはんき)平氏(へいし)頼源(1)紙背文書藤原隆能史料大成大番舎人平時子御旅所擬する現存短冊土瓶院尊康助硯箱

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵範記の関連情報