コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月白/月代 ツキシロ

デジタル大辞泉の解説

つき‐しろ【月白/月代】

月の出ようとするとき、の空が白んで明るく見えること。 秋》
「いつか―のした、うす明るい空にそむいて」〈芥川・偸盗〉

つき‐じろ【月白】

額に白い毛のまじっている馬。つきびたい。ひたいじろ。ほしづき。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つきじろ【月白】

額に白い毛のまじった馬。つきびたい。ほしづき。ひたいじろ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

月白/月代の関連キーワードアレクサンドル ルカシェンコ室町時代(年表)ホセ カレーラス高野山(寺院)銭洗宇賀福神社大森 敬堂菊池 弘泰額白・戴白デニーキン青木弥太郎河竹黙阿弥阿寒[町]散切り物丸山 豊渡辺千秋しゃぎる新潟市郡上市丸山豊牢問い

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android